2011年センター試験の英語をやってみた

えぇ、私、Next View Netの代表をやっておりますが、実は裏家業として塾の講師をしておりまして、高校生を主に教えております。

そんな私も仕事柄センター試験はやらなくちゃ行けないので、早速やってみました。いやぁ・・・この時間にやるのは眠い眠い。

 

結論から言うと、今年のセンター試験は易しかったと思います。おそらく平均は120台に久々にのるんじゃないかなと思います。

大手予備校さんが詳しいことはいろいろと述べてくれると思うので私は個人的な感想をちょいちょい書いてみたいと思います。

センター試験【英語】 レベル 例年並み

大問1 個人的には難しい気がする
 発音アクセントって学校ではあまり対策やってくれなかったり、ただの答え合わせになっちゃったりするから落とす子多いだろうなぁ・・・。Aの問1と問2、Bの問1が結構正答率低いと思う。

 
大問2 A,B:難しい問題は特にない。
 Cの2はできないだろうな。2と5ではなく2と4って答えが多そう。
   The company called him in for an interview.って作れず
 The company called for him in an interview.って解答が多いかな。


 

大問3 A/Bは簡単
    Cは迷いそうな気がする
大問4 Aは問3が1と4で迷いそうな気がする。
 a shared set of valuesだとdifferences in valuesに反するもんね。4ですよ。
 Bは簡単

 
大問5 簡単
 これは去年から出た問題(正確にはイラストが裏技解法出来ちゃうから消えて元にもどっただけだけど・・)。去年の交通事故の目撃証言より簡単ですね。
 コツは文章を先に読んでおき解答する。問1はお父さん、問2は娘ってなってんだから、問1読んでから父親の方をよんで、問2を読んでから娘を読むのよ。全部読んでから問に答えたら時間もったいないからね。


 娘は「思ってたよりも悪くなかった・・・」の連発ですごいツンデレな臭いがしますな(笑


大問6 変化あり
 長年あった段落分け問題が消えてほっとした受験生が多かったのでは?大問5の文章が増えたため、大問6は文章量が減りましたね。速読できない高校生でも勝負ができる文章だったかもしれません(まぁ、だいたい時間無いに解けない人はここ捨て問と考えてますけど、今回は取る問題ですよ)。
 設問(6)のパラグラフ問題を利用すると問1や問3、問4は解けちゃうよね・・・。 読む前に共通項で(a)と(f)は確定しているわけだから実質4つの並び替えですからね。これは段落分けよりもはるかに簡単にできるですよ。
 ちなみに、問4の4の選択肢possibilityと問6の(b)のlikely explanationのlikelyが同じとかなんで正解だな・・・とヒントが非常に多くちりばめられてました。絶対例年より簡単!!


そういう意味では大問6は優しくなったと言えるね。

 

さて、今年は国立志望者が多いみたいだから、センターこけたら予選敗退ですからね。特に現役生は最後の最後まで何が起こるか分からないから、仮にセンターがこけてしまっても諦めずに最後まで頑張りましょう。

センターが終わるといったん入試が終わった気持ちになりますが、そこで踏ん張れるかどうかが合格のカギになります。


 

 
今日の理数系もがんばってくださいませ。

カテゴリー: お勉強 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です